桑の実保育園トップページ 桑の実保育園ブログへ 桑の実保育園の年間行事 桑の実保育園の保育内容 桑の実保育園の給食 桑の実保育園の詳細情報 父母会について・父母の声 リンクページ サイトマップ



父母より

★ 父母会の活動

★ 父母の声

★ 父母からのお便り
    その一
    その二
    その三
    その四

祝 桑の実ハタチ
  
 20周年記念コンサート

 20周年に寄せられた声
    その一
    そのニ
    その三(職員の声)




★祝★ 桑の実ハタチ 
桑の実保育園20周年に寄せられたメッセージ

その2


桑の実保育園20周年おめでとうございます!
兄が2003年から3年3か月お世話になり、弟が2009年から現在通っています。
兄の時に感じたことそれは「強い体を作ってもらった!」ということです。
今年中学生となる兄ですがほとんど学校を休んだことがありません!
桑の実で考えられた給食、薄着やぞうりなどの生活が体を強くしてくれたんですね。
他にも家ではしてあげられないこをとたくさん経験させてもらいました。
これからも桑の実の保育を守っていってほしいと思っています。
「桑の実に通って良かった」と通ったみんなに思ってもらえるように。




長男が1歳のときに入園し、4人の子どもたちが全員お世話になりました。
14年の間に園舎も保育士、保護者の方々も入れかわり、様々なものが変化していきました。
私も夫も新米父母からだいぶ進歩したことと思いますが、子育ての根っこは桑の実で育ててもらったと思っています。
桑の実で出会ったたくさんの子どもたち。
子どもを真ん中にして一緒に歩んでくださった皆さんに、いつも感謝しています。
20周年の節目に我が家も桑の実卒園です。
たくさんの想い出を胸にたくましく生きていきます。
桑の実の皆さんに、幸多かれと願って。



母乳&布おむつで子育てをしていた私、やっぱり桑の実がいいな!と入園を決めました。
ある日、帰宅後オムツをしようとすると嫌がる我が子「どうしたんだろう?」紙オムツを試してもダメ。
「紙と布どっちがいいの?」と本人に聞くと「こっち」と布オムツを指さしました。
しかし園でパンツで快適に過ごしているので本当はオムツが嫌だったのでした
(そうだよね)
休みのひは保育園の生活リズムと同じように過ごしています。
お昼寝もするし、一日ニコニコしています。
「どうしてお迎えは17時なのですか?」と質問すると「子どもの限界が8時間だからです」との答え。
桑の実に通うようになり子育てに迷うことが減り楽しく子ども達と過ごしています。
ありがとう桑の実保育園
おめでとう20周年

そしていつまでも



毎日温かく子供たちを見守ってくれる保育士さんたちに感謝しています。
たくさん遊びおいしくて栄養たっぷりのごはんを食べ、昼寝をして、また好きなことをして遊ぶ。
日々のそんな普通の生活の積み重ねが子どもの財産になっていると思います。
これからもそれぞれ自分のペースで進む子どもたちを見守ってくれる保育園であって欲しいです



一年中ぞうり
現在れんげ組で今月5歳を迎える息子は、2歳2か月で桑の実保育園に入園しました。
それまで、くつ下をはいて、くつで外遊びをさせていたので、ぞうりを履くのは初めて。
親ゆびと人差しゆびの間に鼻緒をはさむことから苦戦。
走ることも園庭の土山を登ることも出来ませんでした。
足指がきたえられるまで、2〜3か月かかりましたが、ぞうりに慣れたら一年中ぞうり!!
ぞうり命です。



桑の実保育園20周年おめでとうございます。
保育園に行くたび、子供たちのキラキラした姿をみることができ、本当に嬉しくなります。
これからも変わりなく子供たちがありのままに伸び伸びとできる素敵な保育園でいて下さい



桑の実保育園20周年おめでとうございます。
子どもがくわのみに入園して3年になります。
小さい時はよく風邪をひきましたが、薄着、裸足でどろんこでたくさん遊び、体力がつき今は毎日元気いっぱいです。
くわのみは子ども達が生き生きとし伸び伸び過ごせる場所だと思います。
子どもの個性を引き出してくれ素直な子どもに育っています。
保育士の皆さんにいつもいつも感謝しています。
美味しい給食をつくってくれる職員の皆さんもありがとうございます。
これからもずっとずっと子供が伸び伸び育つくわのみであると良いと思います。



「食べる、寝る、遊ぶ」という基本的で、子供時代に一番重要な部分で、本当に安心して預けることができました。
ともすると過剰な環境(食事やおやつ、おもちゃ、教育等)にさらされがちな子供を守ってくれる場は少なくなりましたが、朝から本物のお出汁の香りが漂う桑の実保育園は、子供の本質が最も必要としているものを与えてくれました。
ただ本物を食べ、寝て、遊ぶという正しい環境で過ごさせていただいたことに感謝しています。



「私と桑の実」の出会い
20年前自宅の1部が桑の実保育園という不思議な出会い...。
当時を振り返ると毎日いろんな声・音が聞こえ桑の実給食を口にする機会があり味覚が変わったり、子供と触れ合ったり賑やかな生活で思春期の私には貴重な経験でした。
そして20年前には想像もしなかった我が子が桑の実保育園に入園!!
草履での生活、桑の実給食の素晴らしさに惚れ入園させましたが、今では我が子も桑の実が大好きで「長いお休みはいらないよぉ〜」と言っています。
桑の実っ子&桑の実保育士さん&父母さんに家族共々「感謝してます...」



祝 創立20周年!!
桑の実に行かない土・日になると「今日は桑の実に行かないの?」と言う息子。
「今日はお休み。桑の実に行きたいの?」と尋ねると
「うん 行きたいっっっ!!」と答える。
桑の実で過ごす時間はとても楽しいものなのでしょう。
1人っ子の息子だけど、まるで大家族の沢山の兄弟のなかにいるように感じているのでしょうか。
そう思うと安心して毎日仕事に向かえます。
ありがとう、桑の実!!




毎朝「はやく保育園に行こうよ!」を2人で連呼。
パジャマのまま草履を履いて、玄関で待っていることも...
洗い物が沢山でバックから溢れ、中身は泥だらけのパンツ。
洗濯板を使いながらニヤニヤしてしまうママがいます。
お土産のドングリや石、お茶の実は庭にいっぱいです。
仕事が毎日遅くてクタクタでも出迎えてくれる元気な満足している子ども達の笑顔と声で疲れも軽減します。
もっともっともっと羽ばたいて大きくなって欲しいです。



桑の実保育園は子供を尊重してくれるとても素敵な保育園ですね。
いつもありがとうございます。
そして20周年本当におめでとうございます!!
日々の先生方の優しく温かい保育があったからこそ今の桑の実があると思います。
毎日家に帰りたがろうとしない我が子を見ていると本当に桑の実が大好きで居心地の良い場所なんだろうな〜と感じています。
これから先時代や環境が変わっても桑の実の考え方ややり方は変わらずいてくれることを願っています。



桑の実ハタチ
おめでとう!!
今年で3才になる娘は2才の頃からくわのみでお世話になっています。
くわのみが大好きで、保育園をお休みすると保育園で撮った写真を見ながら涙ぐみます。
それくらい大好きな所です。
おうち以外のところで、自分のありのままの姿、気持ちを受け入れてくれ、あたたかく見守り、はげましてくれるからなのでしょう。
私達親子にとって、ホッと出来る場所です。
今まで色々な困難なことを乗り越えて、今日の桑の実を育てて下さった歴代の園長先生、職員の皆様、保護者の皆様に感謝しています。
ありがとうございます。
これからも桑の実らしく大きく育っていくことを願っています。



入園して約5か月、大家族のような温かい雰囲気の中で、毎日色々な事を経験させてくれる桑の実で、とっても充実した日々を送っているようです。
家族全員、桑の実で学んできた事により日々成長している悠と楽しんで過ごしております。
先生方も1人1人をしっかり観察しており、色々な事を相談させていただいている事を、とても感謝しております。

これから、どんなふうに成長してくれるのかとても楽しみです。



7月に桑の実に入園して半年がたちました。
先生方には息子の成長を一緒に見守って頂いて感謝しています。
いつも息子のやりたいことを見守ってもらっています。
入園して初のイベントが9月に行った桑の実祭でした。
子共達ひとりひとりのペースに合わせて、みんなでその子の成長を見守っている、そこが桑の実のいいところだと思いました。。
とても気持ちが暖かい保育園だと思います。
これからも桑の実が素敵な保育園でありますように...。
20周年おめでとうございます。



入園は年中からで良いかなぁと考えていたのですが、年少の6月頃見学し、運よく空きがあったためその年の9月から通園することになりました。
桑の実保育園にした、1番の決めてとなったことは、食事面です。特におやつ(午後食)
食べ物は今までもわりとごはんと味噌汁、納豆もOKで、そのまま変わらず大きくなって欲しいという思いがあったからです。
(この頃の食べ物の影響は大きいと思う)
次には私もなつかしく思い出せることのある遊びをたくさんしてくれるので良かったと思います。
これからも一杯お散歩してしっかり地面をふみしめ、心も身体も大きくなって欲しいです。



桑の実保育園20周年おめでとうございます。
子どもたちを桑の実保育園に入園させたくて、南大沢から引っ越してきました。
桑の実っ子たちは仲間同士助け合ったり、大きい子が小さい子に優しくすることが自然に出来ていて、びっくりします。
それが、桑の実保育園の保育士さんと子どもたちが一緒になって代々培ってきた伝統なのかなと思います。
親たちにも、皆が皆の子を見守る暖かい雰囲気があります。
そういった伝統と環境の中、のびやかに育っていく子どもたちは幸せですね。
どの子もその子らしい実を実らせますように。
最後に保育士の皆さんの日々の頑張りに感謝します。
ありがとうございます!!