桑の実保育園トップページ 桑の実保育園ブログへ 桑の実保育園の年間行事 桑の実保育園の保育内容 桑の実保育園の給食 桑の実保育園の詳細情報 父母会について・父母の声 リンクページ サイトマップ



父母より

★ 父母会の活動

★ 父母の声

★ 父母からのお便り
    その一
    その二
    その三
    その四

祝 桑の実ハタチ
  
 20周年記念コンサート

 20周年に寄せられた声
    その一
    そのニ
    その三(職員の声)




★祝★ 桑の実ハタチ 
桑の実保育園20周年に寄せられたメッセージ

その1


あの日、我が子を連れて、桑の実保育園をスタートさせた。
相模原市の公立保育園は子供を管理するだけの保育内容に矛盾をずっと感じていた。
私は桑の実に全てをかけて、夢と希望に満ちあふれていた。
私は12年間、子どもたち、父母の方々、職員、パート職員の方々のために、自分の力のすべてを注いだ。
結果私は心の病に倒れ、死ぬほど苦しんだ。
それでも家族、友人、病院のデイケアのスタッフ、障がい者の仲間たちに支えられ、再起することができた。
この上ない感謝の気持ちでいっぱいである。
今は心理カウンセラーの勉強をしながら、地域で何かできることを考えている。
桑の実保育園は私の宝だ。子どもたちの瞳がこれからも、ずっと輝いていますように。
桑の実がずっとありますように支えて行くつもりだ。
20周年ほんとうに、おめでとう!!



20周年おめでとう!
私と保育園の出会いは初代園長の熱い保育に賛同し、
桑の木助産院の半分を使用して18名でスタートしましたね。
園児が増え、3年後には今の場所に移っていきました。当時パンツ保育に驚きました。ハイハイするようになったら股関節を自由にするためおむつを外し、おもらししてもニコニコ顔の保母さんに「パンツを持っていらっしゃい」と言われ取り換えてもらっている園児達。
又泥遊びの経験がなく入園してきた3才児に対し、
“泥遊びは保育の基本”とばかりに1才2才にもどし泥遊びからスタートさせていた保育でした。
しかし園長が病気のため交代があったり色々な事情があった20年でしたがスタート時に入園児だった女の子が昨年桑の木に出産しに戻ってきてくれました。
とっても嬉しかったよ。
自然に生まれ、自然に育つ桑の木と桑の実保育園で人としての土台をしっかり作ってあげたいと強く思っています。
こんな保育園どこにもないぞ!
桑の実保育園頑張れ!いつまでも。



桑の実保育園20周年おめでとうございます。
20年前、まだ桑の木助産院に保育園があったころ、「桑の実保育園第一回卒園式」に、
生後3か月の長男と一緒に出席させていただきました。
卒園式の先生や園児のあたたかい微笑みは今でも忘れられません。
桑の実のなかまいりをしたのはそれからすぐのことです。
町田市へ引っ越すまでの5年間、わが家の息子2人は、桑の実の先生方、
そして自分の子どものように関わってくれる父母の方々に育てていただき、本当に感謝しています。
長男も今年で20才になり、現在は「保育士」を目指しています。
きっと「桑の実」で培った子どものころの気持ちを、今度は自分が教えてあげようと思ったのでしょう。
とてもうれしく思います。
桑の実っ子を20年間育ててくださり、ありがとうございます。
これからも協力していきます。



20年おめでとうございます。
桑の実からはたくさんのことを学び、元気な子にしてもらいました。
いつもいつも 感謝しています。
かなたは、中学生になっても おちこんだり
へこんだ時には 保育園を見に行っていました。
そして「もう一回頑張ろう!」って思っていたようです。
益々の発展をお祈りしています。




平成4年10月2日、長女は桑の実が現在地に移転した翌日入園しました。
初めての育児にとまどう日々、仕事も再開し不安ばかり・・・
でも桑の実の仲間の中で子も親も成長させて頂き、長男も迷うことなく桑の実っ子。
二人ともドロンコにまみれ、少々のけがにめげることもなくたくましく育ちました。
おかげさまで、小・中・高とほとんど休むことのない元気な体で過ごしています。
桑の実20周年の今年長女もめでたく成人式を迎えました。
ありがとう。



桑の実20周年おめでとうございます。
開園の時から3人の子どもたちの成長をじっくり手助けして下さる先生方をはじめとして、おいしい給食を作ってくださった調理の方職員の方地域の方お父さんお母さんお祖父ちゃんお祖母ちゃんなどわが子の周りには沢山の人のつながりがありました。
今は23歳の長男、18歳の次男、14歳の長女と、桑の実で過ごした友達や出来事が会話に出てくることは少なくなり「あっさり忘れちゃうもんなんだな?」とか「覚えていても恥ずかしいのかな?」と思う母です。
でも20年前にはアレルギーのある長男の入園にあたり、給食にも生活にも配慮が行き届き、安心して預けられた安堵感は今も鮮明です。
また長男だけでなく、次男長女とも、この世に誕生して間もない成長のもっとも著しい数年間を、大自然や温かい人のぬくもり、最良を目指しての様々なこだわりのある保育を用意して下さった桑の実保育園で過ごせたことは、見えない財産として彼らの人としての根っこを強くたくましくしたと思っています。
まだまだ先の長い人生を歩んでいく彼らですが、桑の実でいただいた愛情や教えていただいたことをこれからの世の中のために、人のために、今度は与えるような生き方をしてもらいたいと思っています。
私自身も親としても人としても、未熟で、バタバタしていた20年前から、10年以上の保育園通いの中で、先生方や保護者の方たちに支えていただき助けていただき学び成長できたと思っています。
これからも、子どもたちの根っことなる桑の実保育園の保育が相模原のここにあることを願い応援してまいります。
卒園した桑の実っこたちのために、今の桑の実っこのために、未来の桑の実っこのために・・・。



桑の実保育園
20周年
早!!ハ・タ・チ!!
おめでとうございます!!
保育園をつくりたい!という設計図を目にしたあと、ヒョンなことから保育士としてくわわらせていただき約8年(?)丹沢の山並みに向かって相模大野からマウンテンバイクで通勤しました。
木造の園舎からは赤ちゃんから年長児まで大好きな“リズム“や“太鼓” 
―毎日が遠足のような遠出の散歩―
輝く瞳と、笑顔の中で過ごせた日々は、保育士をはなれた今でも大切な宝物です。
これからも、新園舎から“くわのみっ子”の明るい歌声がひびきわたりますように・・・
心より応援し続けます。





20年前、子どもを管理しない保育をしたい!と誕生した桑の実保育園。
桑の木助産院に間借りして10数人の園児でスタートしたから、もう20年が経ちました。
雨もりしていた古い園舎から新しい園舎に建て直し、園児もふえ、大島の地にしっかりと根付いた保育園に成長して嬉しい思いでいっぱいです。
これからも子ども達を中心に、保護者と職員と手をつないで、桑の実の保育をより楽しく充実した内容へと積み重ねていって下さい。
応援しています。



桑の実保育園20周年おめでとうございます。
14年間程桑の実とすごしました。
あんなこと、こんなこと、いろいろ思い出がいっぱいです。
子どもたちは大きくなったことでしょうね。
開園当時の子どもたちは健康で働き続けているでしょうか。
働きざかりに、元気で働ける体づくり、明日をきりひらく力。
あたたかく、やわらかな日ざしのように友をつつむ笑顔。
桑の実で育った子どもたちはほんとうに幸福だと思っています。
これからも一歩一歩、前進していくことを期待しています。



こんにちは。
桑の実保育園を卒園してはや12年。
たまに保育園の頃の自分を思い出す事があります。
みんなで作ったよもぎだんご、野菜の収穫、くわのみ祭で踊った“トラ舞”“荒馬”
柏もち作り、みんなでたたいた“豊年太鼓”焼き芋、餅つき、どろ団子遊び、どんど焼き、
すごく怖いオニが来る節分、手作りパン、お泊り保育、
頑張って練習した“エイサー”まだまだ桑の実での思い出はたくさんあります。
どれも思い出に残る行事ばかりで、今でも「懐かしいね」と言って話が盛り上がります。
私は桑の実保育園に5年間通って卒園できた事を誇りに思っています。
なぜならば桑の実ですごく沢山の事を経験したし友達もたくさんでき、毎日がとても楽しかったからです。
桑の実の絆は一生もんです。
5年間の思い出は私の宝物です。
桑の実保育園で本当によかったです。
先生方大好きでした。



創立20周年
おめでとうございます。
私共が桑の実保育園と出会ったのは8年前、娘が4才の時。
れんげ、つめくさ組とお世話になりました。
おままごとと泥んこが大好きな娘が園舎の軒先で毎日毎日毎日ケーキや給食の献立をまねて、泥んこでおままごとをしてました。
心ゆくまで形式や時間にとらわれず過ごし、満たされた事は宝物です。
旧園舎の床のしみ、柱の色が懐かしく、職員さん皆様のやさしい見守りの中、ゆっくり大きくなれました。
私共が在園中、園舎の建替えの話で、職員、父母、皆で「子供達に一番良い状態」を一生懸命考えましたね。
今いる小さなお友だちへ 桑の実を沢山感じて大きくなってね。
これからも雨風と仲良しの光溢れる桑の実保育園でありますように。



20周年おめでとうございます。
私が一番思い出に残っていることは卒園式でたいこをたたいたことです。
保育園を卒園してもいつまでも桑の実っ子でいたいです。
これからもいろいろがんばってください。

20周年おめでとうございます。
桑の実保育園にはたくさん思い出があります。
友達とけんかしたり、どろんこあそびでどろだらけになったり、
楽しいことばかりです。
いろいろとお世話になりました。これからもがんばってください。



くわのみほいくえんへ
元気ですか?
ほいくえんの思いでを言います。
大親友だったわきとタイヤブランコであそんだり木のぼりをしてあそびました。
たのしかったです。
また、やりたいです。
わきとも会いたいです。
くわのみに行きたいです。
くわのみのことをぜったいわすれません。



くわのみほいくえんはさんぽやリズムやプールやクッキングやどろんこあそび、いろいろありました。
ぜんぶたのしかったです。
どうしてなのかは、さんぽでは、えんそくいろいろあって、リズムではスキップギャロップなどなどいっぱいあって
プール、クッキングどろんこあそびでは水のなかでじゃんけんしたり、
おはじきひろいをしたり、かよちゃんやいろいろな先生がたがプールの中にはだしで入り、
そこをかおをつけてくぐります。
いっぱいまだまだあります。
クッキングではうめぼしをつくったりいろいろいっぱいあります。
どろんこあそびではほいくえんのそとの山のちかくでやります。
すごくどろだらけになってたのしかったです。
おとまりしたときはじぶんたちでよるごはんをつくりました。



くわのみ20さい
おめでとう!
ついにくわのみも20さいですね。
20周年も子どもたちといっしょにすごしたなんて、すごいです!
わたしもその子どもたちのなかに入っています。
どろあそびをしたり、雨の日はへやでおままごとをしたり...。
とても楽しかったです。
これからもたくさんの子どもたちと楽しい思い出を作りながらがんばってください。